1度上げた生活水準を戻すのはひと苦労です①

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

上げた生活水準を下げるのに一苦労

普段より”少し高めの調味料”

”少しだけなら・・”

など、何気なく使っちゃう”少し”

その小さな金額が気づけば大きな支出になっている・・

というのは家計管理をしている方ならご存知ですよね。

今日、書きたいのは”高めの・・”というワードより、”少し”という部分の考え方なのですが。

その考え方が私の生活水準を見直すのに苦労したというお話です。

脳って1度幸福感を味わうと忘れないのですよね〜。

あの、喜び。

お金を使うという”喜び”です(笑)

(お金を使うことは決して悪いことではないです)

大切なお金をいつ、どんな時に使うかをその瞬間瞬間で見極めるのが1度上げた生活水準を戻す上で結構重要。

子供たちが中高の時期、今より少ないお給料で、

(塾・部活動・習い事・大きな車所有・毎月言われるままのお小遣い)を支払っていた我が家。

家計は火の車でした。

子供たちが小さい頃はもっとお給料が低かったので質素な生活が出来ていたはずなのに・・ふと周りを見渡すと必要のないモノだらけ。

何をこんなに溜め込んでいるのだろうと途方にくれました。

(私って”〇〇の為”と理由をつけて”お金を使うことを喜んでいると自覚したのはその頃でした)

すぐに見直しに取り掛かったのは習い事の整理。大きな車の処分。塾の変更。

結果が出るのは早かったです。(もちろん、固定支出を削ったからです。汗)

でも、脳は覚えています”お金を使う喜び”を。f^_^;

それが癖なので・・

でも、誰かが言っていた「脳は騙せる」即、実践しましたよ!

生活費を決め、残りの残金は”なかったこと”にしてみました。

(借金があればまず、借金を返すことから。焦らず順序を間違えないことが大事です。)

今まで、借金・ローンの支払いが出来ていたのだから、その後はその支払っていた金額をなかったこととして貯蓄。

勿論、何回か挫折をします。それでも続ける。続ける。

身の回りの物を片付け脳も整理しながらウチの中も整理する。

気がつけば生活水準はあの頃の額が嘘のように下がりました。

”少し”と、繰り返し使っていたら大事に至ることも。

だから小さなことからコツコツと。それを、支出にではなく、貯蓄・整理整頓にチェンジすると楽しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

応援してくださると嬉しいです(^ ^)
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

(スポンサードリンク)